2012年03月26日

売ってくれないiPad、不思議なお店「Apple Store」

  私のオフィスは渋谷の公園通りにある。不思議なお店「Apple Store」渋谷店はその通りの向かい側にある。アップルの創業者スティーブ・ジョブスが他界した時には献花やキャンドルが沢山手向けられ、彼の偉大さや人気の片鱗が渋谷公園通りに溢れた。







私は印刷関連の仕事に長く携わっているので、Apple社のMacintoshとの関わりはかなり古い。現在はApple社の100%子会社になったFileMaker社のユーザー代表として2000年にワールドエキスポジャパンで発表させて頂いた経緯もある。現在もFileMakerを使った文書管理ソフトの開発等で新規ビジネスも始めた。そんな馴染み深いApple社のStoreが数年前に突如渋谷に登場した。

弊社の事は良いとして、私はこれまでにApple Storeに何度かお世話になった。その度に必ずと言って良いほど感動させられた記憶がある。

初回はiPodの充電が出来なくなったので、修理の予約をPCで行った。指定の日時にiPodを持って行くと、二階のフロアに案内されて、いきなり新品の箱を開けて本体ごと交換してくれた。もちろんデータは瞬時にインポートしてくれた。これには驚いた。

最近ではiPhoneOSのアップグレードによって発生したトラブルをこれまた瞬時に解決してくれた。iPhoneに関してはソフトバンクで購入したので、まずはソフトバンクへ持ち込んだのだが、OSの問題についてはお答え出来ないと門前払いであった。しかしApple Storeは違った。私が困って店内をうろうろしていると端正な顔立ちのハーフ男子店員が近づいてきて「お客様、まずはネットから修理の予約をお願いします」と通り一辺倒の返事をした。私は「ビジネスで使っているので、すぐに直してもらわないと困る」と返答してみた。すると端正ハーフ店員は少し困った顔をした後「お客様ちょっと店外へ出て下さい」と笑みを浮かべて囁き、私を店外へ導いた。「お店の中では言えませんが、ここはお店の外なので、貴方の友人としていくつかの方法をアドバイします」と解決法を教えてくれた。

もちろん結果は大きな感動と共に解決した。Apple Storeの対応とそのセンスの良さにはしびれた。オフィスに戻り社員にこの話をしまくった。さすがジョッブス様と思いきや同僚の濱野が言うには生前のジョッブス氏は何故かこのApple Storeには最初反対であったそうだ。詳しい経緯は分からないが、私はとにかくApple Storeの大ファンになってしまった。

しかし、先週困ったことが起こった。先日発売を開始した新しいiPadを購入しようとApple Storeに出向くと、今度は赤Tシャツの美人店員が「お客様、まずはネットから予約を行って下さい。毎日午後9時から予約を受け付けます」という。美人に諭されては仕方ないので、渋々オフィスに帰った。店頭では予約すら受付けないのだ。自宅で夕食を済ませてパソコンを前に午後9時を待った。9時の時報がなるやいなや申し込みをするのだが、僅か数秒で本日分は売り切れとなってしまうのだ。「今日は土曜日だから殺到したのかな?」など思って、翌日も試してみた。結果は同じだった。別に明日受け取らなくても良いので、予約だけでも受け付けてくれて欲しいのだが、それは叶えてくれないのだ。いくら何でも、毎晩9時に早押しゲームに参戦するわけにもいかないので、当分iPadは購入できないかとテンションが下がった。目と鼻の先にあるApple StoreiPadを売ってくれないのだ。あれだけ私に感動をくれたApple Storeはどこへ・・・。あっという間に私の評価も普通のお店程度に格下げになってしまった。

posted by ユウトハンズ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

腱鞘炎に効くキーボード

 ワープロ機を使った経験のある人は既に15年以上キーボード経歴かと思う。比較的若い人でも既に30代後半にさしかかっているはずだ。私はもう少し上の世代だが、数年前から四十肩とキーボードの叩きすぎによる腱鞘炎とが相まって、随分苦しい思いをしてきた。

しかしキーボードなしでは仕事もできず、マッサージに通いながら痛みに耐える日が続いた。二週間ほど前、ふと立体的にカーブしたキーボードの事を思い出して調べてみたところ、購入者のレビューに「長年悩まされた腱鞘炎が治った」との書き込みが多数あり、藁をも縋る思いで購入を決めた。早速ネットで注文しようとしていると、PCに詳しい濱野からアドバイスを頂いた。

「ヤマダ電機で現物を見た方が良いですよ!」

濱野が言うには、カーブの角度が違ったり、サイズもかなり大きいのまでイロイロあるので、一度現物を見て触ってから購入した方が良いとのことだ。

「あ〜っ、それから買うときはアマゾンで買った方が安いですから、お店で買ってこないで下さいね!」

家電量販店で現物を確認してネットで買うのが今の買い方らしい。(量販店様申し訳ない)考えてみると私はこの数年、アマゾンでばかり買い物をしている。この現象は、恐らく私だけではないだろう。これが続けばアマゾンの一人勝ち体制が進み、中小企業が淘汰されるのではなかろうか・・・?

そんな事を心配しながらも、Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 7000というマウス付のワイヤレスタイプをアマゾンで発注した。濱野が指摘したように、ヤマダ電機では¥12,800の商品がアマゾンだと¥8,909だった。

商品はあっさり翌日届き、アマゾンのサービスの素晴らしさに改めて関心した。昨日ヤマダ電機で実機を触っていたので、違和感は全くなかった。とはいえ、キーの配置や大きさなど、今までのモノとは勝手が少し違うので最初は誤打が多かったのだが、そのうち慣れてきた。しかしワイヤレスのマウスにも単3電池が二本入っているのでどうにも重たい。何とかならないかとネットで検索したところ住友3Mのテフロンテープシートをマウスの下部に貼り付けると改善できるらしく、早速近所の東急ハンズで購入し、試してみたところこれがまたすこぶる具合が良い。

こんな感じでまだ一週間ほどしか使用していないが、腱鞘炎の痛みはかなり改善された。

腱鞘炎で悩んでいる貴方、是非お試しあれ!
マイクロソフト キーボード マウス セット Natural Ergonomic Desktop 7000 WTA-00014
posted by ユウトハンズ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

保健は擬制契約

 皆さんは擬制契約という言葉を聞いたことがあるだろうか?

Wikipediaで調べてみると、「擬制(ぎせい)とは、ある特定の事実が認められる場合に本質的には性質の異なる他の法律効果と同一の法律効果を認めることである」とある。また別のサイトでは、「本来は異質のものを同一とみなす事、転じて便宜上のみせかけ」と解説している所もあった。

実は私が三週間前に右足を手術した件で、手術給付金を保険会社に請求しようとしたら「手足の怪我は対象外です!」と一刀両断に言われた。私の記憶だと契約時に「お怪我で手術された場合には給付金が出ます」と説明されたはずだ。このところ記憶力にはいささか自信がない私は、「そうでしたか」と返答しつつ、念のため保険証券を確認してみた。

契約証書1.jpg










手術給付金: 手術の種類により入院給付金額の102040倍のいずれか。

と記載されている。やっぱり対象じゃないか!

翌日、そのことを担当者に告げると、

「手術の種類により給付されない場合があることは約款に書いてあります」

と言われた。今度は約款を調べてみると、確かに約款にはそのように記載されてはいるが、契約時に約款を読み合わせをしたわけでもなく、本件について何も注意された経緯がない。

契約書にはキチンと書かれているし、契約不履行ではないかと思い、WEBで調べてみると「保健は擬制契約だ」という事が書かれてあった。つまり「面倒な約款の読み合わせをしたと言うことにして契約を締結させたと見なす」と言うことだ。

保険業界では「見せかけで契約と見なす」ということを、法律が認めているという事だそうだ。確かに読めないほどの極小の文字で数十頁に密に書かれた約款を契約時に一言一句読む気にはならないし、これを割愛するのは一見合理的でもある。

しかし、「この擬制契約のシステムを逆手に利用した販売がなされているのではないだろうか?」そんな疑惑を私は抱いてしまった。何故なら、契約書には、「手術給付金が支払われない場合もあります」という一文が記載されていないからだ。契約書を見れば分かるように、こんな空白のスペースがあるにもかかわらず、この最も重要な一文を記載しないというのは、これが意図的になされているとしか思えないからだ。少なくとも、私のような問い合わせは毎年数え切れないほどあるはずなのに、どの保険会社も契約書の修正をしていないのではなかろうか。(未確認だが)

このように著しく契約者にとっては著しく不利なビジネスモデルであるにもかかわらず、この件について訴訟の事例は全くない。その理由はおそらく、本件における給付金額が少額であるため、大手保険会社とこの擬制保険を認可した国を相手に、一個人が訴訟を起こす気持ちになれないからであろう。

もし読者の中で保健に関わるお仕事をされている方がいらっしゃれば、この重要な一文を契約書に明記するように、会社の上層部にお伝えして欲しいものだ。

http://life.insurance-japan.com/info77.html

契約証書2.jpg








posted by ユウトハンズ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。